福島の燈籠人形

 

放生会奉納行事としてはじまった頃は、氏子の各家ごとに御神灯を飾っていましたが、延享元年(1744)になると人
形とそれを照らす燈籠を放生会に奉納するようになりました。明和9年(1772)元福島組大庄屋松延甚左衛門により
からくりの技術が伝えられ、現在の「からくり人形」の基礎が出来ています。昭和32年「八女福島の燈籠人形保存会」
が結成され、県指定無形文化財を経て、昭和52年国指定重要民族文化財に指定されています。
                                          (八女市役所商工観光課)


建物は三層からなり、一層は人形を操るための下つかい場、二層目に左右の横つかい場と舞台、一番上は囃子場となっています。
建物はこの3日間のために二ヶ月前か
ら組み立てられ練習をします。
八女市宮野町八幡宮の境内で公演
されます
舞台は組み立て、取り壊しが出来るように一本の釘やカスガイも使われていません
主役の静御前人形こちらを向いてもらいました 足元は取り付け台に組み込む木枠がつけてある 横つかいの人形取り付け台
舞台の背景が数枚取り付けてある 下つかい場から見上げた舞台の様子 狐の化身の忠信人形
今年の出しもの「吉野山狐忠信初音の鼓」背景と着物の早代わりが見もの
最後は狐が鼓をもらって宙を駆けます