蒼い風に吹かれて 大雪渓と花、満喫登山
白馬岳(2932m)・鑓岳(2903m)・杓子岳(2812m)


14年7月28日〜8月1日の日程で白馬に行きました。
全行程快晴に恵まれ、初めて歩く大雪渓と咲き誇る可憐な花々を十二分に楽しむ登山ができました。

コースは白馬三山・白馬大池縦走です
   1日目  移動日ーー村営猿倉荘泊
   2日目  猿倉ーー白馬尻ーー大雪渓ーー葱平ーー白馬山荘
   3日目  白馬山荘ーー杓子岳ーー鑓ガ岳ーー杓子岳ーー白馬山荘ーー白馬岳ーー三国境ーー小蓮華山
         ーー白馬大池
   4日目  白馬大池山荘ーー乗鞍岳ーー天狗原ーー栂池自然園ーー栂池高原ーー八方ーー宿舎
   5日目  移動日

猿倉山荘を出発し、80分程で白馬尻に到着する。大雪渓を前にアイゼンをつけて、さあ出発。今から歩く雪渓と白馬の雄姿が目の前に広がる。 遠くから落石の音が無気味に響いてくると、すぐに急斜面を大きな石が転がっているのが見える。
自然界の脅威を感じながら雪渓を歩く。
足元には雪渓の中から可愛い芽がでてきていて、自然の力強さ感じる。
大雪渓を160分程歩くと葱平の岩場に到着、ここから急坂をのぼる。
ここが一番の正念場のようだ。

涼風と可愛い花の歓迎で疲れを忘れさせる。
杓子岳を背景にクルマユリが元気をつけてくれる。足元にはミヤマオダマキが鮮やかな色で咲き誇っている。
白馬山荘はもうすぐ。
やっとたどり着いた山荘の雰囲気のあるレストランで飲んだコーヒーは最高だった。
山頂周辺の花園を歩き、コマクサに大感激。
天気がいいので遠くは富士山まで見える。
白馬山荘から観た夕焼けに浮かぶ剣岳、それに連なる立山連峰。
.

次のページへ 山のページへ 花のページへ
アプレットですから
お暇なときにどうぞ
サムネイルです