2003年12月14日

柳川6:30=7:30矢部村役場8:30=8:50釈迦岳下峠9:05=9:45釈迦岳9:50=11:05御前岳11:20=12:20杣の里上駐車場=グリーンピア八女=昼食=夕食=宿泊

釈迦岳

登山道を覆った霧氷

昨日より又冷え込んで、背振の雪の写真が西日本新聞に掲載されていた。同じくらいの標高を示す釈迦岳も雪でなければいいがと心配して出かける。用心のため軽アイゼンをいれる。まだ薄暗い6:30に柳川を出発して、集合場所の矢部村役場へと向かう。442号線は日曜で早朝なので、全然混んでいない。最近矢部村誌のCD化とか、MIDI教室の勉強会で矢部村に行く機会が何度かあったため少し見慣れた感じの道を快適に走る。矢部村役場の駐車場に車を置き、車5台に22人が分乗して、釈迦岳の登山口の峠まで行き、そこから登山を開始する。案じていた通り登山道は雪に覆われて、木々は霧氷が美しい。 足元に注意してゆっくりと登り始める。見上げると青空に霧氷があたかも、白い満開の花のように登山道を覆っている。この冬初めての雪である。一時間余りで釈迦岳の山頂に着く。よく晴れているので遠望が利く。
釈迦岳山頂からの遠望

釈迦岳山頂からの遠望

釈迦岳山頂からの御前を見る

釈迦岳山頂からの御前を見る

御前岳

御前からの眺め

御前からの眺め

釈迦岳の山頂からの急な下りは雪のため、降り難い。軽アイゼンを着けてみる。幾分歩きやすくなったが、でも油断は禁物、慎重に歩をすすめる。 急な斜面を降りると尾根道は新雪が気持ちいい。風もなく気温が低い割には寒さを感じない。 幾つかのピークを越して最後のピークを登ると御前岳に到着する。
10分程の休憩をとり下り始める。急な下りの連続で緊張して歩をすすめる。 ロープのところや岩場は雪がまだ残っていて滑らないように特に注意が必要である。 沢が始まる頃から歩きやすくなり、沢を何度か越して下ると杣の里上の登山口に到着する。 気温は低かったが、思いがけなく美しい霧氷が見られ素晴らしい登山だった。