高千穂峰縦走

(1574m)

2005年6月5日晴れ

高千穂峰より御鉢を見る

<交通>:久留米R3⇒広川IC⇒えびのIC⇒高千穂河原⇒高千穂峰⇒霧島東神社⇒ R223⇒高原IC⇒久留米IC
<行程>:高千穂河原⇒御鉢⇒鞍部⇒頂上⇒偽頂上⇒二子岩⇒休憩広場⇒霧島東神社

6:30に久留米を出発、広川ICより高速に入り、途中北熊本とえびののSAで休憩を取り、えびのICで高速を降りる。R223をえびの高原を通り高千穂河原着。9:30準備をして登山開始9:50

古宮址を通りしばらく林の中の石畳の道を進みガレ場へと入る。10:20急坂に差し掛かり、足場が悪くなる。

岩のかげにミヤマキリシマが可憐な姿を見せている。歩き易いルートを探しながら、急坂を登りきると御鉢の縁にでる。10:50 そこは荒々しい岩場と壮大な火山口が見えるが、周りはミヤマキリシマで築庭でもしたような景色が広がっている。御鉢を半周周り、そこを下り鞍部に到着11:10目の前にこれから登る高千穂の山頂がそびえている。急坂ではあるが、御鉢までより上りやすい。ミヤマキリシマが疲れを忘れさせるように咲いている。一気に登りきると、天の逆鉾のある山頂に到着11:40山小屋も今年から再開していて、日の丸の旗が揚がっているときは開館しているときだそうだ。麓では快晴だったのに、遠くガスがかかり、遠望がきかない。昼食をとり休憩をして出発。12:15登りと反対のルートをとる。いきなり、丸太の階段を下りることになる。狭い階段は注意しないと踏み外しそうになる。あたり一面にミヤマキリシマとコガクウツギが咲き乱れている。遠くに見える景色もミヤマキリシマのピンクに染まっている。丸太の階段がなくなるとそこは12:48

鞍部になっていて、目の前に偽山頂の登りがある。二子岩を過ぎるとまた急な下りが現れ、ここは丸太の階段が壊れていて歩きにくい。

コガクウツギをかき分けて進むくらいに、可憐なウツギが咲き乱れている。、霧もなくなり遠望が利くようになり、遠く御池が見える。まだまだ高度が大分ある。丸太の階段が擬木の階段に変わる頃は道も良く手入れされた自然歩道にはりる。<14:00> 自然道の中を歩きやっと霧島東神社に到着。<15:15>高度900mの高千穂河原から 1574mの山頂に登り、488mの神社までは結構ハードな行程だった。でも久しぶりに山を歩いたと言う満足感があった。高原町のサンヨーフラワー温泉に入り、高原ICから高速に入り、久留米ICでおりる。18:40(大きな画像がでます)

コガクウツギ

ミヤマキリシマ満開

ツクバネウツギ

ベニウツギ

ミヤマキリシマの庭園(?)

ガラ場もお花が一杯

御鉢

奇岩二子岩
ウツギの林の中を進む

神秘な湖面の御池を霧島東神社から見る